日本材料学会のホームページへようこそ

第67期日本材料学会 会長  森川 英典



 
 第67期会長挨拶


 
 日本材料学会は,1952年に前身である日本材料試験協会として発足以来66年余の歴史伝統を有し,機械,金属,化学,電気,土木,建築,農学など多岐にわたる分野の会員より構成された非常にユニークな学会です.
基幹となる活動の一つは,現在26分野で構成されている部門委員会であり,各分野における専門家が集合し,最新の研究情報交換,調査研究,出版,集会・講習会・見学会などの各種行事実施といった精力的な活動を行い,材料学の発展に大きく寄与してきているといえます.  
 また基幹活動のもう一つは全国に9つある支部における活動であり,そこでは多様な分野の構成員が協力して支部運営,各種支部活動などを共にし,分野横断的な交流がなされています.
このように,本学会は,「部門委員会」という縦糸と「支部」という横糸から構成された組織であり他に例を見ないユニークさを有しています.このような特徴を有する本学会ですが昨今の社会情勢の大きな変化に対応し,また変わりつつある社会からの期待・要請に応えるべく変革の時代を迎えています.
本学会設立60周年を迎えた2012年頃から,理事会主導で本学会の状況分析を行った上で,異分野連携・融合や会員サービス強化,広報強化を主軸とする活性化策の検討と実施を行ってきています.部門間,支部・部門間,支部間での連携事業,秋の一大イベントである「材料WEEK」などはその一環で創出された活性化策の事例です.2022年に迎える設立70周年に向けて,この変革の仕上げ段階に入ってきており,より実効性のある取り組みを積極的に行い,70周年記念事業をきっかけとして新しいステージでさらに発展できるような将来ビジョンを描いていく予定です.そのために部門委員会,支部,本部の皆様とともに一丸となって歩んでいきたいと思います.