日本材料学会標準

出版案内

はんだのクリープ疲労試験法標準

Standard Creep-Fatigue Testing for Solders

JSMS-SD-9-04)

 
体  裁:A4版80ページ
定  価:10,000円(本体9,259円+税)
会員特価:9,000円
送  料:送料1冊につき360円
(ISBN 4-901381-21-0)
概 要
はんだ接合部は,被接合部品の熱膨張係数の差によって,温度変化に伴い繰返し損傷を受ける.併せて,はんだは低融点であるため,顕著なクリープ現象を呈するため,はんだの接合部はクリープ疲労損傷を受けることになる.はんだ接合部のクリープ疲労寿命を高精度で評価することのできる試験法や寿命評価法の開発が強く求められてきた.
日本材料学会では高温強度部門委員会に「はんだ強度評価法ワーキンググループ」を設置し,はんだのクリープ疲労試験法や同寿命評価法の標準化を目指して,2000年から2004年にわたり実験的検証と討論を行ってきた.これらの成果を「はんだのクリープ疲労試験法標準」として取りまとめた.
「はんだのクリープ疲労試験法標準」は,はんだのクリープ疲労試験法や寿命評価法について分かりやすく,具体的に記述してあり,初めてはんだのクリープ疲労試験をしようとする初心者にとっても,上記標準法を参照すれば安定した信頼性の高い試験や寿命評価が可能となる.いわば,試験法についてマニュアル的な要素も含んでいる点が大きな特徴である.
なお,本標準は日本材料学会から既刊の「はんだの引張試験法標準」,「はんだの低サイクル疲労試験法標準」およびこれらの2つの標準試験法に準拠した,「Sn-37PbおよびSn-3.5Agを用いたデータベース」との姉妹書である.併せて,これらの既刊書の参照もお奨めする.
 

目 次

はんだのクリ−プ疲労試験法標準
1. 試験法標準の趣旨と目的
2. 適 用
3. 試験片
4. 試験装置
5. 試験方法
6. 試験結果の整理
7. クリープ疲労寿命評価法
8. 報告事項
はんだのクリ−プ疲労試験法標準解説
1. 試験法標準の趣旨と目的
2. 適 用
3. 試験片
4. 試験装置
5. 試験方法
6. 試験結果の整理
7. クリープ疲労寿命評価法
8. 報告事項
申込方法
A4用紙に「はんだのクリープ疲労試験法標準」購入希望とし,部数,必要書類,会員・非会員の別,送付先,電話番号を記入の上,郵送,FAXまたは電子メールでお申し込みください.
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
日本材料学会出版部
TEL(075)761-5321, FAX(075)761-5325, E-mail: jimu@jsms.jp