『二相ステンレス鋼の上手な使い方
             −その特性と使用実績−』
 
編  集  (社) 日本材料学会 腐食防食部門委員会
発  行  (社) 日本材料学会
体  裁  A4版 ハードカバー,総ページ数120ページ
定  価  8,640円(本体8,000+税)

 
 二相ステンレス鋼はオーステナイトとフェライト組織の長短を持った材料で、海水環境での耐孔食性、耐すき間腐食性、ならびに淡水環境での耐応力腐食割れ性に優れた材料として、これまでのオーステナイト系ステンレス鋼に替わって、化学、石油精製、エネルギー、その他の設備に使われ始めて30年以上におよぶ。この間、いくつかの腐食や割れの事例が報告され、その採用に当たっての不安は隠せず、使用環境の選定に注目が集まっていました。
 日本材料学会腐食防食部門委員会では、材料、石油、化学、エンジニアリング分野のメンバーからなる研究グループを1998年に発足し、二相ステンレス鋼の歴史、規格、機械特性、熱履歴特性、溶接性、耐食性などについて検討するとともにアンケート調査を行ない、石油・化学・薬品・エンジニアリング会社などから寄せられた約150件の回答を基に検討を重ねてまいりました。これらの成果を分かり易くまとめて、二相ステンレス鋼の全てを網羅した資料として出版することになりました。現場の技術者あるいはこの分野に携わる研究者の方々にとって有益なハンドブックとなると考えておりますので、是非ご購読をお願い致します。
 
内  容
 第1章 緒言
 第2章.二相ステンレス鋼の歴史  
 第3章.二相ステンレス鋼の規格
 第4章.二相ステンレス鋼の商品
 第5章.金属組織と熱処理
   5.1 金属組織 5.2 熱処理
 第6章.二相ステンレス鋼の諸性質
   6.1 物理的性質 6.2 機械的性質
   6.3 加工性と溶接性 6.4 耐食性
 第7章.検査および保守
   7.1 非破壊検査と適用
  7.2 製作時の検査  7.3 使用中の検査  7.4 保守
第8章.経済性
第9章.用途
第10章.使用実績と損傷状況
  10.1 実績調査の方法 10.2 アンケートの解析結果
  10.3 使用および損傷状況の詳細と対応策
  10.4 アンケート用紙と機器使用条件の一覧
  10.5 アンケート結果のまとめ
第11章.まとめ
 
申込み方法  必要部数、送本先を明記のうえ、下記宛にお申込
       み下さい。
       現金書留、郵便振替(口座番号:01000-1-26625)
       あるいは公費による支払いが出来ます。
申 込 先  〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
       (社) 日本材料学会 腐食防食部門委員会
       TEL 075-761-5321 / FAX 075-761-5325
       E-mail:事務局