技術認証制度

≪技術認証制度について≫

 日本材料学会では学会創立50周年記念事業の一環として,「技術認証制度」を創設いたしました.本制度は材料学に関する広範な技術について,本学会としての客観的な立場から個別技術を公正かつ厳正に評価し,所定の基準を満足する技術についてはこれを本学会として認証し,当該技術の社会への応用を支援することで材料学の進歩に寄与することを目的としたものです.現在,地盤改良部門委員会を中心に「地盤改良に関わる技術認証制度」を行っています.
 その趣旨・技術評価証明の対象を以下に示します.

趣 旨

本技術認証制度は,「技術,工法について公平かつ適正に評価することで,技術開発の活力の向上をはかり,それらの建設現場への迅速な活用普及をはかりもって技術水準の向上に資する」ことを目的としております.

技術評価証明の対象

@地盤改良、地盤環境改善技術に関わる新素材,新材料
A地盤改良、地盤環境改善に関わる技術または工法
B汚染地盤の診断技術,汚染地盤修復技術
C廃棄物の地盤材料としてのリサイクル技術   を対象としています.

必要経費

1件あたり次の金額とします.(消費税別)
 1)申込料: 材料学会会員20万円,非会員40万円
 2)評価証明費用: 材料学会会員120万円,非会員240万円


なお、確認試験等が必要となった場合の費用は、依頼者が別途負担するものといたします.

申込方法および評価証明のプロセス

 申込みに際しては,必ず下記にお問い合わせ下さい.評価証明の対象となる場合には,申請書類をご送付いたします.申込みを頂いた依頼技術は,技術評価を行うかどうかを受付審査会により2週間以内に審査します.
 受付審査会にて「評価に値する」とされた技術については,その結果を依頼者にご連絡し,その後、学識経験者を中心とした技術評価委員会を設置して具体的な検討と評価を実施いたします.

問合せ先

   〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
   日本材料学会「技術認証制度」係
   Tel. 075-761-5321 Fax. 075-761-5325
   E-mail. jimu@jsms.jp