公開部門委員会 第304回木質材料部門委員会

主催

日本材料学会 木質材料部門委員会

後援

産総研コンソーシアム持続性木質資源工業技術研究会

会場

京都テルサ 東館2階「第3セミナー室」(ROOM2)
(京都府京都市南区東九条下殿田町70)
※コロナウイルス感染予防のためオンラインもしくはバイブリッドでの開催を検討しています.

日時

令和2年10月13日(火)14:30〜16:30

主題

木材・木質系材料のヨーロッパにおける研究動向

趣旨

生物資源である木材・木質系材料は,複雑な微細構造・組織構造を持ち,さらにそれらは生息地域や個体により異なるため,各種処理条件や得られる製品物性を一概に判断することは非常に困難です.このことが,信頼性を重視する工業技術や材料開発において大きな障壁ともなっています.
本公開部門委員会においては,欧州の研究機関における木材・木質系材料研究を経験された材料研究者をお招きし,生物資源利用に関する取組みが本格的に進んでいる欧州の研究動向および現場について話題提供していただくことで,国内における上記の課題に対する新たなアプローチについて考える機会を設けました.
関連分野の研究者,技術者の方々をはじめ,本分野に関心を持つ多数の方々の参加をお待ちしております.

プログラム

  1. スイスにおける木材・木質系材料の研究活動(仮)(14:30 – 15:20)

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所
    三木 恒久 氏

  2. フランスにおける木材・木質系材料の研究活動(仮)(15:35 – 16:25)

    愛媛大学大学院 農学研究科
    杉元 宏行 氏

参加費

無料

なお,オンライン開催のため,参加の事前登録をお願い致します。参加ご希望の方は,木質材料部門委員会庶務幹事 田中(soichi_tanaka@rish.kyoto-u.ac.jp)宛に,メールで参加の旨を@ご氏名,Aご所属・ご住所,Bメールアドレスと合せてお知らせください(申込み〆切2020年10月7日(金)).