腐食防食部門委員会 第316回例会

主催

公益社団法人 日本材料学会

協賛

化学工学会,火力原子力発電技術協会,近畿化学協会,軽金属学会,自動車技術会,ステンレス協会,石油学会,電気化学会,土木学会,日本化学会,日本機械学会,日本金属学会,日本建築学会,日本原子力学会,日本鉄鋼協会,日本プラントメンテナンス協会,日本防錆技術協会,日本保全学会,表面化学会,表面技術協会,腐食防食学会,溶接学会

日時

2017年5月15日(月) 13:00〜17:00

会場

たかつガーデン 2階 コスモス
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号
(近鉄上本町駅から徒歩約3分,地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分. http://www.takatsu.or.jp )

主題

『解説 腐食試験法(2)』

内容

防食技術の基本は様々な環境と材料との組み合わせによって生じる各種腐食現象の的確な把握である。従来より様々な腐食試験法が実施されているが,規格化の有無にかかわらず,基本的な腐食試験法に関する知識を理解しておくことは,腐食の正しい評価のために必要である。前回と本例会では,これら試験法の背景・原理,適用対象・限界,さらに得られた結果の見方を解説していただく。 
 前回に引き続き,本例会では大気腐食,孔食,応力腐食割れの各試験法,さらに近年腐食モニタリング法として注目されている電気化学ノイズ法について解説していただく。

プログラム

Business Meeting 13:00〜13:15

  1. 鋼と表面処理鋼板の大気腐食の試験法 13:20〜14:10

    藤田 栄 JFEテクノリサーチ

  2. 孔食と試験法 14:10〜15:00

    橋本郁郎 潟Rベルコ科研

    休  憩 14:55〜15:05

  3. 応力腐食割れ試験法 15:15〜16:05

    東 茂樹  日鉄住金テクノロジー

  4. ノイズ解析による腐食モニタリング 15:05〜16:55

    井上博之 大阪府立大学

              

腐食防食部門委員会会員以外の方は, 参加費(資料代を含む)を戴きます.

日本材料学会・協賛学会会員: 5,000円
その他 非会員: 10,000円

【申込先】

〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
公益社団法人 日本材料学会
Tel: 075-761-5321, Fax: 075-761-5325, E-mail: jimu@jsms.jp