第68期学術講演会 優秀講演発表賞受賞者について

5月25日、26日に室蘭工業大学にて開催した第68期学術講演会における「優秀講演発表賞」受賞者が決定しました.
受賞されたのは次の8名です.おめでとうございます.

オーガナイズドセッション

 

〔オーガナイズドセッション1「疲労損傷観察ならびに強度評価」〕

吉中奎貴 殿(物質・材料研究機構)
演題:Fe-15Mn-10Cr-8Ni-4Siの疲労破面直下組織の結晶学的解析





〔オーガナイズドセッション4「塑性挙動のモデリングとシミュレーション−ナノからマクロまで−」〕

三好英輔 殿(京都工芸繊維大学大学院)
演題:
多結晶粒成長における粒界物性の方位差依存性の影響:大規模phase-fieldシミュレーションによる解析




〔オーガナイズドセッション5「破壊の発生・進展とその解析・評価・計測」〕

宮崎夏実 殿(京都大学大学院)
演題:
多孔質セラミックスにおける気孔分布特性と強度との関係に関する解析




〔オーガナイズドセッション7「生体・医療・福祉材料」〕

船木元裕 殿(上智大学大学院)
演題:
医療用合金材料のX線応力定数の測定システムの構築




〔オーガナイズドセッション11「複合材料研究・応用の最前線」〕

田邉大貴 殿(和歌山工業高等専門学校)
演題:
CF/PPSフィルムをエネルギーダイレクタに用いた織物CF/PPS積層板の超音波スポット融着接合挙動




一般セッション



蓮沼将太 殿(青山学院大学)
演題:
低サイクル疲労中の表面形状変化に関する結晶塑性有限要素法解析




永島 壮 殿(大阪大学)
演題:
液体の表面張力が駆動する薄膜リンクルの変形





宮崎美雪 殿(京都工芸繊維大学大学院)
演題:
籾殻灰を用いた活性炭/ゼオライト硬化体の合成