コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集 第22巻
Proceedings of the Concrete Structure Scenarios, JSMS, Vol. 22
第22回 コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム
The 22nd JSMS Symposium on Concrete Structure Scenarios
―参加募集―
https://conresin.jsms.jp/

シンポジウム開催日 2022年10月13日(木),14日(金)

主催

(公社)日本材料学会

後援(予定)

(国研)物質・材料研究機構,(公社)土木学会,(一社)日本建築学会,(公社)日本コンクリート工学会,(公社)プレストレストコンクリート工学会,(一社)セメント協会,(一社)日本非破壊検査協会,(一財)日本塗料検査協会,若手コンクリート研究会,コンクリート21

期日

2022年10月13日(木),14日(金)(2日間)

会場

京都テルサ
Tel:075–692–3400
〒601–8407 京都市南区東九条下殿田町70番地
(オンラインとのハイブリッド開催を予定)

主旨

コンクリート工事用樹脂部門委員会(委員長:岐阜大学・小林孝一教授)では,補修用樹脂小委員会を設け,コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードに関する調査・研究を行ってまいりましたが,2001年からは表記のシンポジウムを開催するとともに論文報告集を発刊してまいりました.昨今,これら対策のみならず,種々の劣化機構における劣化予測,点検,評価および判定,記録や,ライフサイクルコスト評価等も含めたコンクリート構造物の維持管理手法の開発・体系化の重要性は,ますます高まっているといえます.
コンクリート構造物のライフサイクルのシナリオに関する「論文」,「報告」を広く募集し,発表いただくことで,多角的かつ闊達な討議を行いたいと考えています.

本シンポジウムは土木学会認定CPDプログラムです.

[1] シンポジウム 参加申込

定員

120名程度(会場定員)

参加費

会 員 一般:10,000円 学生:4,000円
非会員 一般:14,000円 学生:5,000円
※論文報告集(当日配布)代を含む.会員は後援団体を含む.
※本シンポジウムは第8回材料WEEKの一環として開催いたします.第8回材料WEEKの詳細はホームページ(https://www.jsms.jp/)をご覧ください.
※当日入会可:当日に日本材料学会への入会手続きが可能です.その場合,会員価格でご参加いただけます.この機に日本材料学会へのご入会をお願い申し上げます.

申込期限

定員になり次第締め切りますので,お早めにお申し込み下さい.

申込方法

ホームページ(https://conresin.jsms.jp/)からお申込下さい.折返し参加証をお送りします.
(オンライン参加の方には,参加証の代わりにオンラインシンポジウムのURLをお送りいたします.ご登録いただくE-mailアドレスのお間違えのないようお願いいたします.)

[2] シンポジウム 懇親会 参加申込

シンポジウム1日目終了後,同所にて懇親会を開催いたします.(新型コロナウィルスの感染状況によっては中止する場合もございますので,あらかじめご了承ください)
なお,今年度は先着50名とさせていただきます.

参加費

一般:6,000円 学生:3,000円(会員・非会員共通)

申込方法

ホームページ(https://conresin.jsms.jp/)からお申込下さい.折返し参加証をお送りします.

[3] お問合せ先

〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
公益社団法人 日本材料学会
「コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集・シンポジウム」係
Tel:075–761–5321 Fax:075-761-5325
E-mail:jimu@office.jsms.jp

※投稿・参加申込等の際にお届けいただいた個人情報は,参加証等の送付,諸連絡,行事案内等の日本材料学会の事業運営のみに使用させていただきます.