第60回記念 高温強度シンポジウム講演募集

開催日 令和4年11月24日(木),25日(金)
講演申込締切 令和4年9月30日(金)

主催

日本材料学会

協賛

ステンレス協会,日本機械学会,日本金属学会,日本材料強度学会,日本材料科学会,日本鉄鋼協会,日本溶接協会,溶接学会(予定)

期日

令和4年11月24日(木),25日(金)

会場

宮日会館 宮日ホール(宮崎市高千穂通1-1-33)
+Webex Meetingsによるハイブリッド開催

記念式典

MRT micc エメラルドホール(宮崎市橘通西4-6-3)

参加費

会員(協賛学協会員含む) 5,000円
会員(2022年4月1日現在で30歳未満) 3,000円
非会員 10,000円
学生会員(協賛学協会員含む)  3,000円
学生非会員 5,000円

参加費は事前に申し受け,前刷集は開催日までに郵送します.また,前刷集のみを希望する場合には,代金(日本材料学会会員:4,000円,非会員8,000円)に送料360円を添えて,講演申込先にご連絡ください.シンポジウム終了後に発送します.

概要

本学会主催の「高温強度シンポジウム」は1959年に第1回が開催され,以降,他学協会との協賛によって,我が国の高温強度に関する科学と技術研究に大きな貢献を果たしてきました.今回で60回を迎えるにあたり,記念大会として,高温強度に関する材料学的,力学的,設計的立場から関心の深い下記のテーマを中心として講演を広く募集いたします.多数のご参加をお待ちしております.
(1) 耐熱材料,および,耐熱・耐環境部材の変形と強度
(2)ミクロ組織と強度特性
(3)応力,ひずみの非弾性解析と工学・工業的応用
(4)高温疲労,寿命・余寿命評価
(5)損傷の検出技術と解析予測
(6)高温における新試験・評価技術
(7)リスクベース設計・保守技術

*ベストプレゼンテーション賞について
本シンポジウムでは,日本材料学会の正会員または学生会員を対象に,30歳未満(2022年4月1日現在)の若手研究者で優れた講演発表をされた方を表彰します.受賞者の発表ならびに表彰は,シンポジウム閉会式で行います.

講演申込締切

令和4年9月30日(金)

前刷原稿締切

令和4年10月17日(月)

参加登録締切

令和4年11月4日(金)

講演申込

下記フォームよりお申込ください.
  講演申込フォーム
      >>>講演申込確認ページ

※ベストプレゼンテーション賞候補へ応募される方は,会員資格および会員番号,年齢を必ずご記入ください.

郵送,FAXの場合
日本材料学会 第60回記念 高温強度シンポジウム係
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
FAX (075) 761-5325 (TEL (075) 761-5321)

参加登録(全員が必要です)

下記フォームよりお申込ください.
 参加申込フォーム

注意事項

1) 講演原稿は1講演につきA4用紙5枚以内に執筆いただきます.講演時間は討論を含め15-25分を予定しています.原稿書式や提出方法は,申込締切後にメール連絡します.
2) お届けいただいた個人情報は,連絡等の事業運営のみに使用します.
3) 新型コロナウィルス感染状況によっては,完全オンライン開催とすることがあります.あらかじめご了承ください.
4) 記念式典ではマスク会食も予定しています.新型コロナウィルス感染防止対策のために,式典への参加人数を限定して先着順とすることもあります.
5) 講演の録画や画面の撮影等の行為を禁止します.